ロシア文化フェスティバル
ロシア文化フェスティバル
ホーム ロシア文化フェスティバルin JAPAN 開催プログラム 応援メッセージ リポート 組織委員会/事務局のご紹介 過去のフェスティバル ブログ
オープニングメッセージ
ロシア文化フェスティバル IN JAPAN 主催者、参加者、そしてお客様へのメッセージ

 親愛なる友人の皆様!
 皆様にご挨拶を申し上げますとともに、ロシア文化フェスティバルIN JAPANの開幕をお祝い申し上げます。
 長い年月に日本の観客の皆様は、フェスティバルを通じて、優れた音楽および劇場の芸術団、我が国の様々な地方の民族アンサンブルをご覧になっています。豊かなロシアの歴史的、精神的、そして芸術的遺産の普及に照準を合わせた形式の根本には、文化交流の素晴らしい理想があります。
 お客様には充実したプログラムがご用意されています。マリインスキー劇場管弦楽団、イーゴリ・モイセーエフ記念国立アカデミー民族舞踊アンサンブル、P・I・チャイコフスキー記念ボリショイ交響楽団、サンクトペテルブルグ音楽会館のソリスト、その他の有名な文化人や芸術家との出会いです。
 ロシア連邦文化省は、日本側に、ご援助およびご支援下さっていることに対する感謝の意を表します。
 フェスティバルはあたたかく受け入れられ、厳しい審美眼をお持ちの観客の方々の期待を裏切ることはない、と私は確信しています。鮮やかな発見や忘れがたい印象が得られますよう、お祈りします。
ロシア連邦文化大臣
O・リュビーモヴァ
ロシア文化フェスティバル 2022 IN JAPAN お客様および参加者および主催者の皆様へ

  親愛なる友人の皆様!尊敬する日本の聴衆の皆様!
 毎年開催のロシア文化フェスティバルIN JAPANのお客様、参加者および主催者の皆様に心からご挨拶を申し上げます。過去の年月で同フェスティバルは1800万以上の人々を集めました。これは、日本のみなさんのロシア文化および芸術への大きく、そしてはっきりとした関心を証明しています。残念なことに、世界では2年連続で新型コロナウイルス感染症のパンデミックが猛威を振るっています。これはもちろん我々のフェスティバルにも影響を及ぼし、一部のイベントが次年度に延期されました。しかし最終的には新型コロナウイルスによる様々な制限は撤廃され、ロシア文化フェスティバルINJAPANも通常の姿になると、我々は固く信じています。
 2022年フェスティバルの新しい多岐にわたる充実したプログラムが、芸術を高く評価する日本の人々に、ロシアの音楽、バレエ、演劇、サーカスの芸術団との、魅力的で記憶に残る多くの出会いをもたらすと私は確信しています。特に、指揮者V・ゲルギエフとマリインスキー歌劇場管弦楽団、V・フェドセーエフ指揮P・I・チャイコフスキー記念ボリショイ交響楽団、モイセーエフバレエ団、S・ロルドーギンが指導するサンクトペテルブルグ音楽会館のソリストたち、レオニード・ヤコブソン記念サンクトペテルブルクアカデミーバレエ団、そしてそのほかにも素晴らしいアーティストや音楽家が訪日いたします。
 最後に、ロシア文化フェスティバルIN JAPANのロシアと日本の主催者諸氏および参加者に、新型コロナウイルス感染症関連の制限下における困難で厳しいお仕事を感謝しますとともに、ロシア文化フェスティバル2022 IN JAPANの参加者にはご成功とさらなる芸術的飛躍を、日本の聴衆のみなさんには、輝かしく忘れがたい印象を受けられますよう、そしてすべての最良のものがありますようお祈りしたいと存じます!
ロシア連邦大統領文化特別代理
ロシア文化フェスティバルIN JAPAN
ロシア組織委員会委員長
M・E・シュヴィトコイ
2022年のロシア文化フェスティバルによせて —感動の文化・芸術のひとときを!

 2006年1月10日からスタートした「日本におけるロシア文化フェスティバル」は、コロナ禍にもかかわらず、17年目を迎えることができましたことを心からお喜び申し上げます。
 2022年は、ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団、サンクトペテルブルグアカデミーバレエ、モイセーエフバレエ、ボリショイサーカス、スクリャービン&ストラヴィンスキー生誕記念コンサート、ラザレフ&プレトニョフ指揮オーケストラコンサート、ゴーゴリ&シャフナザーロフ映画祭などビッグなプログラムが勢ぞろいしました。
 これらのイベントはすべて両国合意の地域・姉妹都市交流年の一環として行われます。こうした文化分野の交流は日露両国間の諸懸案解決と善隣友好関係の発展のためのよりよい環境を醸成することは疑いありません。皆様がロシア文化芸術に触れ感動のひとときを過ごされる事を希望いたします。
ロシア文化フェスティバル
日本組織委員会委員長
第90、96、97、98代内閣総理大臣
安倍 晋三

2013年オープニングメッセージ

2013年オープニングメッセージ
V・プーチン

親愛なる友人の皆さん!
日本で毎年開催されている、我々両国にとって重要な意味を持つロシア文化フェスティバルのオープニングに際し、皆さんにご挨拶できますことを心より喜んでおります。ロシアと日本の国民どうしの友好とお互いに対する敬意の伝統は、豊かな歴史を有しております。そして今日、それらは確実に発展しています。そこにあって際立った役割を果たしているのが、あなた方のフェスティバルのように輝かしく大規模な諸行事です。文化交流がロシアと日本との国家関係の全体に良い影響を及ぼしているのは重要なことです。
過去数年間で、フェスティバルはロシア芸術を高く評価する非常に多数の人々を統合し、そうした人々に世界的に有名な俳優や演出家・監督、バレエ・マスター、フォークロア芸術団やサーカスの芸術団との出会いを贈ってきました。新しいアイディアやプロジェクト、人と人とのつながりのあたたかさで、双方向の関係の彩りを豊かにしました。このような成功が可能となったのは、我々の日本の友人の方々—国会議員、地方自治体や社会活動家の方々がフェスティバルを援助して下さっているおかげであるということを強調します。そのような重要な仕事に対し、そうした人々に心から感謝を申し上げたいと思います。
フェスティバルの参加者および来場者の皆さまに、ご成功と、忘れがたい印象を、そしてすべての良きものをお祈りします。

ロシア連邦大統領
V・プーチン
安倍晋三

ロシア文化フェスティバル2013 IN JAPANの開幕を心よりお慶び申し上げます。
2006年から開始されたこのフェスティバルは、今年で8回目を数え、ロシアの豊かな文化・芸術を日本において幅広く紹介する行事として、大変な好評を博しています。今年も日本全国各地において、音楽、バレエ、民族舞踊から絵画、映画、アニメ、民族工芸に至るまで、様々なコンサートや展覧会が開催されると承知しています。
先般、私は、日本の総理大臣として10年ぶりにロシアを公式訪問し、プーチン大統領と実り多い会談を行いました。その際にも、このロシア文化フェスティバルをはじめ、日本及びロシア両国でお互いの文化を紹介するために開催されている様々な催しを歓迎することで一致しました。
日本とロシア両国の友好と良好な関係を維持するためには、お互いの市民レベルでの交流と相互理解の促進が不可欠です。今回のフェスティバルのような優れた文化行事を通じ、日本とロシアの人々がお互いをより身近に感じるようになり、今後日露関係が更に発展していくための礎がますます強固になることを願っています。本フェスティバルの成功を心よりお祈り申し上げます。

内閣総理大臣
安倍晋三

2013年オープニングメッセージ

ロシア文化フェスティバル開幕(2006年1月10日)に際しての両国首脳メッセージ
   ロ日国交回復50周年にちなんだ「ロシア文化フェスティバル2006 IN JAPAN」開催に際し、皆様方にごあいさつすることを心から嬉しく思います。
   ロ日関係が文化の分野で、近年ダイナミックに発展していることは喜ばしいことです。そのことをはっきりと証明したのは、2003-2004年にロシアで行われた大規模な日本文化フェスティバルの成功でした。そして今回予定されている行事はその論理的な継続として、客好きな国である日本で行われます。
   日本では、ロシアの文学、演劇、映画、絵画、バレエそして音楽の古典的な作品がよく知られています。
このフェスティバルの多彩なプログラムが、観客の皆様に、なじみのある作品を楽しむと同時に、現代ロシアの芸術的成果に触れる可能性を与えるものと期待しています。
   このプロジェクトの実現が、善隣友好関係の強化と、両国関係の多面的な発展に資するものと確信します。
   フェスティバル参加者、主催者および観客の皆様のご成功、ご幸福とご幸運をお祈りいたします。
ロシア連邦大統領 V・プーチン
   「日本におけるロシア文化フェスティバル2006」が開催されますことを心からお喜び申し上げます。
   今回のロシア文化フェスティバルは、2003年に我が国がロシアで実施した「ロシアにおける日本文化フェスティバル」、昨2005年に両国で実施された「日露修好150周年」の各種記念事業に引き続いて実施されるもので、両国の国民が相互理解を一層深めるとともに、今後の新たな日露関係について考える上で重要な契機となるものと確信しております。
   昨年11月の私とプーチン大統領との会談において、「日露行動計画」に基づき両国関係を幅広い分野で発展させていくために様々な分野で両国国民間の交流を一層強化していくことが重要です。本年の日本におけるロシア文化フェスティバルが成功裡に実施されることにより、両国国民間の交流が一層活発化し、両国の関係がより強固なものになることを心より希望します。
内閣総理大臣 小泉純一郎
▲トップへ戻る
copyright (C) 2013 RUSSIAN FESTIVAL. ALL Rights Reserved.